« デジタルカメラ | トップページ | 今日も写真日記 »

世田谷散策

20060316_01
Photo1

20060316_02
Photo2

20060316_03
Photo3

20060316_04
Photo4

20060316_05
Photo5

20060316_06
Photo6

20060316_07
Photo7

20060316_08
Photo8

20060316_09
Photo9

20060316_10
Photo10

20060316_11
Photo11

 新しいおもちゃが手に入ると嬉しくて使いたくなります。
 撮影場所は招き猫で有名な東京・世田谷の豪徳寺近辺です。

 Photo1、2は遊歩道の脇で見かけたもの。時々見かけます、このデザインの羊。水仙の中に埋もれてちょっとナルシズムに浸っているのかも。

 Photo3は世田谷区郷土資料館です。かつて代官屋敷と呼ばれたとか。梅の花と石灯籠が和庭園を演出してますね。入口にある大門の屋根が茅葺きなのですが、葺き替え作業を終えたばかりのようでした。今でも茅葺き屋根を作れる職人さんがいるんですね。

 招き猫で有名な豪徳寺。完成間近らしい三重塔がありました。全景のPhoto4の二階部分を拡大したのがPhoto5です。Photo5の真ん中あたりをよく見ていただくとわかりますが、招き猫が。さすがに招き猫の寺。さらによく見ると中央からやや右寄りに写実的なデザインの猫が二匹あしらわれています。
 周囲を巡って確かめてみると、この猫オブジェクト?が付いているのが招き猫のお堂に面した塔の北側だけ。

 Photo6は招き猫を奉納する棚。豪徳寺では招き猫を売っているのですが、祈願成就した猫を納める棚も用意されているようです。お寺で売られているのは大中小の三種類ですが、棚には非純正の猫たちもいっぱい。Photo6は大口を開けて笑っているように見えますね。

 招き猫の群れの中にひっそりと違うものが紛れていることも。Photo7はお稲荷さまですが、招き猫の下敷きになっていました。

 Photo8も猫以外の飾り物。
 恐怖漫画でこんな顔の鶏頭人身の生物が出てくるのありませんでしたっけ。「チキンジョージ」?

 圧倒的多数派の豪徳寺純正招き猫。(Photo9)

 Photo10、11は世田谷のタウン誌に載っていた「ちよだ」という鯛焼き屋さん。お店の様子を撮影させていただきました。お茶と鯛焼きでお昼の代わりにしてしまいました。
 あ、お店の外観を撮影するの忘れた。
 ちょっとはみ出た生地がご愛敬。表面がぱりっとした感じに焼き上がってます。


 フィルムのカメラとの一番の違いは「失敗が少ない」ことかもしれません。
 構図がヘンテコで見るに堪えなかったり、オートフォーカスが目当てとは違う場所にピントを合わせてしまったりはしますが、それを除けば失敗カットがありません。すごいや。
 微妙に時代遅れな感心をした日でした。

|

« デジタルカメラ | トップページ | 今日も写真日記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。