« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の18件の記事

シムーン二次創作『幼年学校』

 タイトル通りテレビアニメ『シムーン』の二次創作の新たなSS(ショートストーリー)を小説置場に掲載しました。

 今年の更新はこれが最後になりそうです。
 本ブログにアクセスしていただいた皆さま、ありがとうございます。滞りがちな更新ながら着実に増えていくアクセスカウンターの数字に励まされ、なんとか続けてこられました。来年はもっと面白い記事を用意できるよう、ない知恵を絞ってみようと思います。

| | コメント (0)

雨上がり

小春日和 FinePixF10 1/27sec F3.4 12mm ISO200 -0.3EV 氷雨
  上がってみれば
   小春日和

 昨晩の東京地方は冬場には珍しい激しい雨でした。今日はうってかわって暖かな一日で、水たまりに映る竹林はうららか。春のよう。

| | コメント (0)

寒空に

新芽 FinePixF10 1/350sec F4 8mm ISO80 -0.3EV イチョウの切り株から新芽が。
 こんな時期に芽が出るものなのでしょうか。

 クリスマスもおしまいで、明日からの街は元旦向けの装いに切り替わるのでしょう。
 大掃除もしなくては。今年中に片付けておきたかったことが、まだたくさん残っているような気が……。こんな気分に年の瀬を感じます。

| | コメント (0)

『マリア様がみてる クリスクロス』今野緒雪

リンクはAmazonへマリア様がみてる クリスクロス
今野緒雪
集英社コバルト文庫
2006.12.22
440円

★★★★☆

 何年か前にヒットして百合ブームのきっかけになったのがこの『マリア様がみてる』シリーズ。コバルト文庫ということからもわかると思いますが、バリバリの少女小説です。
 少女小説であるにもかかわらずにヒットに繋がったのは男性層の支持があったからとか。不思議なものです。

 その『マリみて』シリーズもすでに二十六冊目。作中の経過時間は二年くらいかな。シリーズ第一作を少女時代に読み始めた読者もきっともうOLやおかあさんになっている頃でしょうか。

 今回のお話は二度目のバレンタインイベント。「ソフト百合」を謳う作品なので少女がチョコレートをプレゼントする相手も少女ですし、生徒会主催の校内ヴァレンタインイベントの景品も学園のカリスマである生徒会役員とのデート券。
 でも、このソフト百合というあたりが節度が利いていて楽しめるのです。シリーズを二十六作も重ねながら安定した面白さ。さすがにブームを巻き起こしただけのことはあります。

 コバルトというのは面白い実力派を出してくるところで少し前には友桐夏という作家をデビューさせていました。三作目まで出たところで続刊が絶えていて寂しいのですが、どっしりと濃い心理描写の、コバルト以外でも活躍できそうな作家です。育ち方によっては恩田陸を越えそうな気がするんだけどなぁ……。

| | コメント (0)

『ファンタジーのDNA』荻原規子

リンクはAmazonへファンタジーのDNA
荻原規子
理論社
2006.11
1575円

★★★☆☆

 児童文学の勾玉シリーズで有名な荻原規子の読書エッセイ。
 子供時代の読書経験が綴られ、今のファンタジー作家としての荻原規子を構成する要素が窺い知れます。国文科卒という著者らしく少し硬めの論理展開を見て、ちょっと癖のある文章がこの著者の自然なスタイルなんだな、というのが面白く感じられました。
 読書経験を取り上げたエッセイなので、取り上げられているのは本好きならば恐らくは誰もが――いや、誰でもって訳じゃなくて物語好きならば、かな――通ってきた懐かしい本たち。児童文学の名作ばかりなのですが、荻原規子がそれらの本に感じたものに強く共感を感じます。だから、荻原規子の本が面白く感じられるんだ、と納得した次第。

 特別に新しいことが書かれているわけではありませんが、荻原規子の物語が好きな人には深く共感できる本ではないかと思います。表紙のイラストがまた繊細で素敵です。

| | コメント (0)

招き猫@豪徳寺

 十二月のボロ市も終わって、ついでに豪徳寺に招き猫を納め寄った人も多かったんじゃないかな、と覗いてきました。

ぼんやり招き FinePixF10 1/80sec F3.2 10mm ISO80 -0.3EV

 あれれ。
 期待したほど増えていません。む。この子は新顔かな。

千羽鶴アーチ FinePixF10 1/38sec F2.8 8mm ISO80 -0.3EV 強い風でも吹いたのでしょうか。招き猫の棚の軒に吊されている千羽鶴の一部が招き猫たちに引っかかっていました。
 なるほど。
 こうやって風に巻き上げられたものが招き猫をはたき落としていたのかも。んー。でも、ここ数日、そんな強い風が吹いたかな?
 連なった千羽鶴が竜か百足のように見えました。アーチの遠近感を強調してどことなく長虫風。

| | コメント (0)

タイムスタンプと電子認証

 ネット上になんらかのデータを公開するにあたり、そのデータがオリジナルであることを示したい、あるいは記録しておきたいと思ったとき、どうすれば良いでしょう。
 私の場合だと自作ネット小説のオリジナル性の主張をしたいとき、となるでしょうか。

 答えは簡単。
 電子認証とタイムスタンプです。

 でも、これってちょっとやっかいです。例えばadobe Acrobatというソフトには認証とタイムスタンプを与えるプラグインがあるのですが、そのスタンプの証明書を得るには有料の証明サービスを利用しなくてはなりません。
 契約プロバイダが電子署名と認証業務を標準サービスとして提供してくれれば良いのですが、まだ個人が電子署名とタイムスタンプを利用するような時代には少し早いのかもしれませんね。少なくとも@Niftyにはそういった個人向けのサービスはないようです。

 電子署名ほど確実ではありませんが、データのネット上へのアップ日時を記録する方法があります。@Niftyならばwebメール、もしくはマイキャビという機能です。なんのことはない、自分の手元ではなく、ネット上でユーザからはタイムスタンプがいじれない場所にデータを保存しておけば、それが簡易な「初出」の証明になるわけです。

 それで思ったのですが、@Niftyのマイキャビに認証機能を付加したら勝手が良さそうです。e文書法を満たす認証&タイムスタンプが得られれば尚便利かな。電子認証の発行を行う専門の業者はありますが、年に数個の認証利用では大仰に過ぎます。スタンプの最低発行単位が10000とか明らかに業務用……。

 @Niftyのマイキャビは今年の六月から(@Nifty回線契約者であれば)20MBだけなら無料で利用できるようになりました。@homepageと連携できたり、個人のPC上のデータとの自動同期ツールが提供されたりと使い勝手も悪くないようです。

| | コメント (0)

世田谷ボロ市

 十二月の十五、十六日と一月の十五、十六日は世田谷ボロ市です。テレビでも紹介されたりする有名なお祭りです。

キレイなボロ FinePixF10 1/70sec F3.2 10mm ISO200

 都会的というか現代的というか。一見、スクラップのような自転車ですがスポークもサドルもピカピカ。世田谷ボロ市で売られているのは

  • 食べ物屋台
  • 安物雑貨
  • 本当のボロ
  • 骨董風

 分類するとこんな感じでしょうか。雑貨の中には年末商品――神棚やら注連飾りなどの「普段どこで売ってるの?」みたいなものも含まれます。上の自転車の写真は骨董風のちょっとオシャレなインテリア、、、かな? 自転車屋さんの出し物。

風船売り FinePixF10 1/300sec F2.8 8mm ISO200風船売りの売る風船にはね
人の魂が入ってるんだよ
だからふわふわと浮くのさ……

 そんなセリフを怪談か何かで聞いたことがある気がするのですが、出典が思い出せません。わさわさと風船を持って歩く風船売りの姿が壮観で、夕焼けの背景に上記のようなセリフを思い出したのでした。似たようなセリフの蛍売りバージョンの話もどこか読んだなぁ……。

☆ ☆ ☆

紺屋 FinePixF10 1/20sec F2.8 8mm ISO200 藍染めのお店。
 「お嬢さん」と染め抜かれたTシャツが目に留まりました。藍の色は綺麗なんだけど、Tシャツで着るのはちょっとばかりもったいない感じです。

 染め抜きに使うと思われる版木?まで売っていたりして印象に残るお店でした。

 他にも種々雑多なお店が並んでいて、散策するだけで楽しい世田谷ボロ市。明日の十六日は土曜日ということもあって混雑すると思います。世田谷通りも一日中渋滞してしまうはず。
 午後になるとさらに混雑するはずですし、名物?代官餅も早めに売り切れがちです。駐車場はないので公共交通機関の利用をお勧めします。ちなみに路上駐車の取り締まりはかなり厳しく、コインパーキングもほとんどありません。

 12/16 0:30 アルバム「世田谷ボロ市2006」を追加しました。

| | コメント (0)

招き猫@豪徳寺

ヒルトン姉妹風? FinePixF10 1/20sec F2.8 8mm ISO80 -0.7EV いかにも冬の雨といった寒々しい一日。缶汁粉のおいしい季節となりました。
 世田谷はまもなくボロ市。ボロなどはとうに見かけなくなった大きな露天市になってしまいましたが、年の瀬を感じさせるお祭りでもあります。

 群の中に埋もれていたのでちょっと見づらい写真になりましたが、二匹がくっついた招き猫。なんとなく綾辻行人の『暗黒館の殺人』を思い出しました。あんまり関係ないけれど。

| | コメント (0)

『月に行こうか、火星に行くか』五代富文

リンクはAmazonへ月に行こうか、火星に行くか
五代富文
丸善
2006.7.15
1600円

★★★★☆

 小説のようなタイトルですが、宇宙旅行を扱った読み物。宇宙開発の技術者が紹介するリアルな宇宙旅行の可能性を示します。高度100キロを数分飛ぶスペースシップ・ワン、100億円で地球周回軌道を飛ぶロシアのロケット。さらにその先――。

 最近では宇宙関連の話題はあまり賑わいません。火星探査機の話題も日本ではほんの一瞬で、最新の探査結果を纏めた本さえ出てきません。そんな中でとても貴重な読み物だと思います。

 宇宙を目指して勉強する中学生、高校生に強くお勧め。宇宙は手の届く時代に差し掛かろうとしているようです。間もなく「ロケット・ガール」というアニメと、そのアニメと連動する女子宇宙飛行士の養成企画(大まじめなものです)が動き出そうとしています。
 「どうせ宇宙なんて……」と鼻で笑えなくなる夢の詰まった一冊。技術者の書いた本なので文章がなんだかこなれていませんが、それでも楽しめるはず。

| | コメント (0)

紅葉@2400万年前

石紅葉 FinePixF10 1/13sec F2.8 8mm ISO200 -0.7EV 先々週あたりから関東地方でも紅葉真っ盛りということであちこちのブログでも紅葉写真が目白押しです。もう飽きたよ、と思われるかもしれませんが昔、昔の紅葉の名残でも。

 先日、国立科学博物館に行った際の写真です。
 見事な楓の葉。押し葉も何万年も経つと石になってしまうわけです。サンプルの解説によれば新第三紀……2400万~170万年前の化石だとか。恐竜たちが滅んでずっと後、すでに哺乳類の時代ですね。
 この楓は当時はどんな色をしていたのでしょうか。やっぱり真っ赤に紅葉していたのかな?

| | コメント (0)

『絶滅古生物学』平野弘道

リンクはAmazonへ絶滅古生物学
平野 弘道
岩波書店
2006.2.24
3990円

★★★☆☆

 概論的な内容の、大量絶滅と生物進化に関する本。大学生の教科書として書かれたのだとは思いますが、専門用語だらけ、数式だらけということはまったくないので読み物としても(ちょっと固めだけど)楽しめると思います。

 絶滅の定義、様々な絶滅理由の候補と検証。ちょっと前までは「巨大隕石が恐竜の……」というのがよく言われていましたが、どうやらそれはハズレかもしれないという話etc。
 数式も論文も嫌、でもお子さま向けの恐竜本も飽きた、という恐竜ファン向き、かな。評価の★が少なめなのは(大学生向けの)教科書的で読み物としては少し取っつきにくいからです。でも専門書と言うほどガチガチでもないので、読み物としてオススメ。

| | コメント (0)

招き猫@豪徳寺

 紅葉ネタの続いた豪徳寺写真。
 いつもの招き猫写真もございます。

猫たちの紅葉狩り FinePixF10 1/6sec F4 16mm ISO80 +0.3EV 招き猫たちも紅葉を楽しんでいるのでしょうか。ぼんやりと遠くを見る横顔。

☆ ☆ ☆

お願いっ FinePixF10 1/13sec F4.3 18mm ISO80 -0.3EV 枯葉とお願いスタイル。妙に幸せそうな表情が寒空の下で違和感が少々。

☆ ☆ ☆

ごろごろ FinePixF10 1/20sec F4 16mm ISO80 -0.3EV 千両箱を枕に夢見心地なのでしょうか。お願いポーズの招き猫とどこか共通するデザインです。手前の枯葉がもっとたくさんあれば雰囲気が出たかな?

☆ ☆ ☆

屋根の上はどんなかな? FinePix F10 1/14sec F2.8 8mm ISO40020061203_04 春に撮った左の桜に埋もれた写真の紅葉版を撮りたかったのですが半年以上の風雨を経て楓の枝は数を減らしており、日陰ということもあって紅葉も今ひとつです。
 定点撮影ならではの四季の景色を撮ろうと春から楽しみにしていたのに……。

 次は雪の降った朝に、誰よりも早くこの招き猫棚の前に来てこのアングルで足跡なしの雪に埋もれた招き猫棚の写真を撮るのが目標です。

| | コメント (0)

紅葉@豪徳寺・その3

祝! 10,000ヒット!

 『紅葉@豪徳寺』『紅葉@豪徳寺・その2』の続きです。12/1撮影の豪徳寺紅葉模様はここで一段落。

赤い門と赤い葉 FinePixF10 1/85sec F2.8 8mm ISO80 真っ赤な門に真っ赤な紅葉。ちとくどいですが季節のものなのでこういうのもありかな。今年の豪徳寺の紅葉は少し遅めだったような気もしますが、赤の色の濃い見事な紅葉でした。

☆ ☆ ☆

色とりどり FinePixF10 1/120sec F2.8 8mm ISO80 -0.7EV 楓の枝を下から見上げてみました。
 枝を支えるつっかい棒を入れて見上げる構図が好きみたいで、春の夜桜の時にも同じような写真を撮ったことを思い出しました。

☆ ☆ ☆

銅鐸紅葉 FinePixF10 1/30sec F5 24mm ISO80 -0.7EV 鐘の風合いもそこそこ出ているし、背景の紅葉も濃い色が綺麗だし、で良い写真になっても良さそうなのですが、なぜか妙に間が抜けた写真になりました。なぜだろう……。
 下から見上げているからかな。撞き棒が奥行き方向に写っているからでしょうか。あるいは一番手前側の横木のせい?

☆ ☆ ☆

 ブログのタイトル画像に紅葉を入れてみました。
 豪徳寺で拾ってきたモミジをスキャナで取り込んだものです。

 2007年の紅葉情報は下のリンクから。

| | コメント (0)

ぱのらまざうるす

パノラマとはイナバウアーとみつけたり!

ヒパクロサウルスパノラマ

 更新を楽しみにしているブログに『パノラマ日和』さんというところがあります。コダックのV570によるパノラマ写真専門のブログで、パノラマならではの絵作りがとても面白いのです。
 先日、そちらに科学博物館の恐竜のパノラマ(『骨のあるとこ見せてやる!』)という記事が掲載されていて「おおっ。真似しなくては」とまたもや行ってきました。国立科学博物館

 まずはこれまでうまく写真に収めきれなかったヒパクロサウルス。
 ……あれ?
 なんかはみ出しちゃってます。

 水平でも垂直でもないパノラマって難しい。

 ならば次はアパトサウルスだ、とパノラマ一枚目を撮影し、二枚目へカメラを向けたところ、ちびっ子の集団が流入。こやつらも恐竜の一種に違いない~。ちっこいけど。

アパトサウルスパノラマ

 う~ん。あまりパノラミックになりません。ならば次は三枚パノラマでティラノだっ。

ティラノ三枚パノラマ

 一番近づきたかった(中央に配したかった)大腿骨の部分はアクリルの解説パネルにふさがれていて、尻尾が主役になってしまいました。

ティラノストロボパノラマ

 最近お気に入りの「テキトー光量調整スローシンクロ」だ、と二枚パノラマ。
 うっ。背中は最初から切れていたのですが、尻尾と顎の先がはみ出てしまいました。パノラマ合成前では一応画面に収まりきっているのに、余裕を持たせないとだめなのか。難しい……。

アパトサウルスパノラマ 今回挑戦したパノラマの中で気に入った一枚。

 足下でちびっ子たちが恐竜を見上げている絵でも良かったのにこういう時に限ってちびっ子ギャングたちは潮が引いたようにいなくなってしまいます。二枚パノラマですが、尻尾の先が収まっていません。暗くて会場で確認できなかったのが無念。三枚パノラマにしていたらいい感じに収まったのでしょうか。これでも(計算上は)150度以上の視野なのです。

☆ ☆ ☆

 パノラマに挑戦してみて難しさを痛感です。
 ひとつ悟ったのはイナバウアーを身につけていないと苦しいということ。縦パノラマで三枚繋げると最大で240度の視野ですから。あるいはカメラの液晶がスイングすれば、真横から画面を眺めながら楽々縦横斜めパノラマできるかも……。

 使用しているFinePixF10にはパノラマ機能はないのでHuginというパノラマ合成ツール使用です。
 カメラの側には0.6倍のワイコンを使用しました。

| | コメント (0)

紅葉@豪徳寺・その2

狛犬香炉紅葉 FinePixF10 1/20sec F4.3 18mm ISO80 昨日の記事『紅葉@豪徳寺』 の続きです。

午前四時近くの更新と遅くなりましたが帰着次第の写真アップです。
 ヨレヨレです……。

 狛犬つきのでっかい香炉、むか~しはなかったような気がするのですがしっとりとした黒が紅葉によく似合います。

☆ ☆ ☆

伽藍紅葉 FinePixF10 1/50sec F2.8 8mm ISO80 風格のある古い方のお堂。大きな仏像が置かれていますが、なんとなくガランとしています。伽藍だけに?

 しょうのない駄洒落はともかく、この古い建物は新しい三重塔と共に絵になります。今朝も多くの紅葉カメラマンが早朝からいらしていました。豪徳寺での紅葉撮影では

  • 望遠寄りのレンズで葉っぱの一部を狙う人
  • 広角寄りで三重塔と紅葉を組み合わせようとぐるぐる巡る人

の二派が主流のようです。
 私は招き猫を収める場所と紅葉とを絡めようと招福堂?周辺をうろうろしていたのですが、前日の絵馬以外はうまく招き猫+紅葉が撮れませんでした。残念。

☆ ☆ ☆

逆光伽藍紅葉 FinePixF10 1/56sec F2.8 8mm×0.6wide ISO80 上の写真をお堂の奥側から眺めたところ。
 朝の光に逆光になった紅葉・黄葉が美しかったです。

 紅葉を撮りに来ていたカメラマンさんたちは皆、一眼レフ+三脚装備で本格的でした。年配の人が多かったようです。日本人はカメラが好き、というのは1950~60年代のイメージっぽいですが、今も健在です。フィルム二割、デジタル八割くらいの感じだったかな。意外に年配の方はデジタル物が好きで、若い人がフィルムやらハッセルブラッドやらを使っていたり。

 残りの写真はまた明日にでも。
 追加しました。『紅葉@豪徳寺・その3』(12/4 5:39AM)。

| | コメント (0)

紅葉@豪徳寺

20061201_02 この数日更新をサボっていたツケ……ではありませんが、急いでアップ。

 今朝の世田谷・豪徳寺の紅葉です。
 今週はなかなか豪徳寺の様子を見に行けずにいたのですが、素晴らしい紅葉になっています。今年はハズレかな~などと先週は思っていたのですが、そんなことはありませんでした。大当たり。そろそろ散り始めているので、この週末が豪徳寺の楓の紅葉のピークでしょう。イチョウはまだ少し緑味の残った黄色で、来週あたりが黄葉のピークになりそうです。

 今晩、戻ったら他の紅葉写真も追加したいと思います。@仕事中なので。

 追加しました。
 『紅葉@豪徳寺・その2』(12/2 4:12AM)。
 『紅葉@豪徳寺・その3』(12/4 5:39AM)。

| | コメント (0)

おんぼろざうるす

おんぼろざうるす

 最近、なんだかZaurusがぼろっちくなったような気がするな~、と思っていたのですがじっくり見ると上の写真のような有様に。これ、アルコールを含ませたティッシュで掃除をした直後の写真です。

 液晶と底蓋にサンドイッチされている銀色の部分の塗装が剥がれ気味だったのは以前からのことで、長らく下地のプラスチックが剥き出しになっていました。キーボードのカバー?とボディの境目の汚れのようなものは手垢ではなく、縁の部分から手油に浸食されて塗装が剥げてきてしまったようです。「A」キーの穴の縁も同じように塗装が侵されています。よく使うキー周辺は軒並み同じ状態に。

 Zaurusのテキストフォルダにはおよそ2MBの自作小説テキストが。メールログも自分の書いた分が5MBほど残っています。頑張ったなぁ……我がZaurus君。キーボードはへたった感触もないし、認識不良もないしでまだまだ行けそう。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »