« 『宇宙エレベーター こうして僕らは宇宙とつながる』アニリール・セルカン | トップページ | 紅茶と本と神保町 »

招き猫@豪徳寺

20071219_01 世田谷ぼろ市の前後は豪徳寺にもお客が増えるのでしょう、招き猫も大幅増員。お正月も含めて十二月の半ばから一月の半ばまでは新顔招き猫ラッシュが続きます。十二月のぼろ市は行き損ねてしまいましたが、一月のぼろ市は行きたいな。

 アップリケ招き猫の労作。手作り感溢れてます。日陰撮影でちょっと色がくすんでいるのが惜しい。

20071219_02 妙におでこの広い招き猫。噺家でこんな顔の人がいたような。妙に愛嬌があります。
「え~、毎度ばかばかしいおはなしで」なんて言い出しそう。

20071219_03 落ち葉が絡み、向こうが透けてきれいだったガラス細工の招き猫。ミニサイズです。

20071219_04

 指先ほどのおちびさん。30センチ級招き猫の足先程度の大きさしかありませんが、全身で「ばんざーい」と福を招いてます。可愛い。

20071219_05 昨年できた三重塔の垣根にそって牡丹の苗木が並んでいました。御所桜とか島の藤とか。品種名なのでしょう。牡丹なのに桜とは、藤とはこれいかに、って感じですが。
 春の桜もきれいですし、紅葉もこのあたりでは一番見映えがします。さらに牡丹でダメ押しという感じでしょうか。牡丹に囲まれた三重塔、どんな風に見えるのでしょう。今から楽しみです。

|

« 『宇宙エレベーター こうして僕らは宇宙とつながる』アニリール・セルカン | トップページ | 紅茶と本と神保町 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。