« 『Dark Seed』家系図 | トップページ | Zaurus+青空文庫=『文庫エディター』 »

上村松園

 最近『青空文庫』に上村松園の著作公開が続いています。cf.青空文庫収録上村松園著作⏎

花がたみ/上村松園/1915 近代日本画でもっとも有名な作家ではないかと思います。今でも上村松園・松篁・淳之と三代の作家の作品はあちこちで展覧会が開かれていますね。cf.松伯美術館⏎
 私も松園の絵は大好きで、幾度か見に行ったことがあります。画集も時々眺めては「いいなぁ」と溜息を吐いたり。
 松園の絵は今のコミックに慣れた人の目にも素敵に見えると思います。

 青空文庫に収められているのは松園の随筆に当たるものでしょうか。どの文もさほど長くはなく、ごく簡潔に、個々の作品に取り組んだ経緯や制作環境について綴られています。有名な『花がたみ』について、狂人病院(当時の表現です)に病人を観察しに行った、という話などは庭の鯉や鶏、鴛鴦(おしどり)を徹底的に観察して描いた日本画家上村三代らしいエピソードに思われます。

 以下は縦書き文庫の上村松園著作本棚へのリンク(要JavaScript)。

|

« 『Dark Seed』家系図 | トップページ | Zaurus+青空文庫=『文庫エディター』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。