« 『そばかすのフィギュア』菅浩江 | トップページ | 世田谷八幡宮宵宮祭 »

HAKUBA レンズペン

レンズペンとスライドプレート デジカメのレンズ掃除、どうしてますか。コンパクト機はたいていレンズバリアがついているのであまり汚れないものですが、うっかり触って指紋をつけてしまったりすることもあります。一眼レフのセットを持ち歩いているときならばいざ知らず、常日頃持ち歩くコンパクトカメラでは清掃用具なんて用意していないわけで、眼鏡拭きがあれば上等でしょうか。でも眼鏡と共用の眼鏡拭きはカメラのレンズにはあまり向いていません。皮脂がレンズに移るだけです。
 というわけでレンズペンなるものを見つけて重宝しているのでした。ホコリも油汚れもきれいに取れます。大手カメラチェーンの店頭だと1000円くらい。

 片側がブラシで片側がセーム皮で2wayとなっています。ブラシはスライドさせて繰り出すのですが、その毛先に指で触れてはいけません。皮脂が移り清掃効果がなくなります。セーム皮の側も同様。息を吹きかけるのも禁止です。
 セーム皮にはコンパウンドがついてます。これを指して「レンズを傷める(削れる)」と言う方がいますが、このコンパウンド、油脂成分にまぶして脱脂するためのもので磨き粉のようにゴリゴリ表面を削るようなものではないのでレンズに使っても大丈夫です。ただし、力を入れてレンズに押し付けるようなことをすればレンズやコーティングに良くないのは当然です。それはコンパウンドなしのセーム皮でも同じ。そっと撫でるように使います。

|

« 『そばかすのフィギュア』菅浩江 | トップページ | 世田谷八幡宮宵宮祭 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。