« qpdf3 | トップページ | 『カンブリア爆発の謎』宇佐見義之 »

ハードディスク交換

 私は今、真っ青になっております。
 その顛末を綴りましょう。

★ ★ ★

新旧ハードディスク  音楽CDは買ってくるなり即座にPCに取り込み、雑誌類は読み終えたところで解体しScanSnapで電子化。そんなことをしていると250GB程度のHDDも二年ほどでいっぱいになります。

 というわけでHDDを容量の大きな物に交換です。1TBでも今は12000円。安くなりました。WesternDigitalの省電力タイプにしてみました。

 帰宅してパソコンの蓋を開け、HDDを繋ごうとして「あれ?」。
 SerialATAケーブルは繋がりましたが電源ケーブルを挿す受け口がありません。むむむ。どうやらSerialATA用電源ケーブルでないと繋がらない様子。慌てて変換ケーブルを買いに走りました。が、ここでばたばたしたのがそもそもの間違いだったかもしれません。

 4pinコネクタ→SerialATA電源コネクタの変換ケーブルを購入し再挑戦。
 ここでちょっと一息。紅茶でも。←間違いの元。

 CD-ROMから起動、と。新HDDのフォーマットをしなければなりません。
 順調に作業を進めフォーマットが90%近くに達したとき、ふと開けっ放しのパソコンから伸びている仮設HDDが目に留まりました。

   ――ん? なんか変。

 よく見るとHDDが埃っぽい気がします。

   ――あれ? WD2500?

 血の気が引きました。古いほうのHDDがこんな型番だったような……。よく見れば近くの床に転がしてあるHDDはぴかぴかです。WD10EACSと書いてあります。このケーブルの繋がっていない方のHDDはなんとなく今日買ってきたHDDのように見えないでもありません。

  ――すると今フォーマットしているのは……?

 もちろんこれまで使ってきたHDDです。データのぎっしり詰まったHDDをフォーマットしちゃっているわけです。フォーマットはもうほとんど終わりかけています。じーざす!

 恐る恐る確認してみるとフォーマットしてしまったのは間違いなく古い方のHDDで、新HDDはパソコンに繋がってさえいませんでした。変換コネクタの情報を探すのに古い方のHDDに繋ぎ直してパソコンを使ったんだっけ。ああ。大事なデータが。書いた小説のデータはテキストでZaurus上にも保存してありますが、資料類はこの古いHDD上にしかないものもたくさんあります。バックアップはごく一部しかしていません。

 つまり、この二年以上スキャンしてきた資料のデータが、見事にすっとんでしまったことになります。

 というわけで冒頭に書いた通り、今の私は顔色は真っ青、頭の中は真っ白な状態です。きっと妖精さんの仕業です。ほら、妖精の輪(チェンジリング)っていうじゃないですか……。crying  火掻き棒を押しつければ元に戻ったりは、、、しませんか。

 1TBのHDDの空き領域は990GB。
 なんて広く無意味なディスク領域。
 そこに置くためのデータがなくなってしまうなんてこのHDDに存在価値はあるのでしょうか。とほほ~。

|

« qpdf3 | トップページ | 『カンブリア爆発の謎』宇佐見義之 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。