« 『ふしぎな生きものカビ・キノコ 菌学入門』ニコラス・マネー | トップページ | 変形菌? カビ? »

『恐竜の復元』

リンクはAmazonへ 恐竜の復元
監修:小林快/平山廉/真鍋真
学研
4725円
2008.9.9

★★★★☆

 大きめの本です。縦26.5cm×横22cm。フルカラーで恐竜の模型やイラストが再現されるまでの過程を紹介しています。最新レアモノ恐竜図鑑+おもしろ恐竜アイテム図鑑といった感じ。写真も図も豊富ですが、解説文はマニア向けの印象。恐竜ハカセの子供たちならば喜ぶかもしれませんが、あまり詳しくない子に買ってあげても「知らない恐竜ばっかりでつまんない」となってしまうかも。
 紹介されていた絵画は欧米のイラストレータのものが中心で、日本人の感覚的には「絵としてはアバウトな感じ」と思ってしまいます。むしろ模型の紹介作品が凝っていてすばらしいできでした。印刷の美しさもあいまって田渕良二氏の木製模型などは「実物が見てみたいっ!」と思わせられます。
 きれいな本で少し値も張りますが店頭で見かけたらぱらぱらと覗いてみてください。きっと欲しくなるはず。紹介画像はヘレラサウルスの模型制作場面のページから。ドールアイを使い頭骨模型から肉付けしてできあがるのは骨の繊細さが隠れてしまう当たり前のトカゲ顔。科学的な復元というのはなんてもったいないんだ、と思ったページでした。

|

« 『ふしぎな生きものカビ・キノコ 菌学入門』ニコラス・マネー | トップページ | 変形菌? カビ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。