« 『世界を凍らせた女たち』T・マナーズ | トップページ | microSDカードとZaurusとWikipediaと »

火星のオパール

 NASAのMars Reconnaissance Orbiterの最新記事がAstroArtsに和訳掲載されていました。
 蛋白石質シリカ(opaline silica)なんじゃ、という感じですが。元々蛋白石自体がシリカ(酸化ケイ素)なわけで。

 水がなければ生成されない類の蛋白石が見つかったと言うことのようなのですが、これはもしかすると地球の白亜紀地層みたいな(白亜は石灰=カルシウムですが)生物由来の濃集蛋白石層かも!なんて期待してしまいます。日本もローバータイプの探査機を送り込んで化石探しでもしないかなぁ……。
 もっとも水さえあれば無生物的に火山岩からも生成される物みたいなのでNASAの記事でもあまり扱いは大きくないようですが。

関連記事

|

« 『世界を凍らせた女たち』T・マナーズ | トップページ | microSDカードとZaurusとWikipediaと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。