« 『日曜日に生まれた子供』紺野キタ | トップページ | 『コミック百合姫』Vol.16 & 『百合姫Wildrose』Vol.3 »

人形博物館・マリアの心臓 大正デカダン展

 渋谷に「マリアの心臓」なる人形展示スペースがあると知って見てきました。
 住所だけメモして出かけてみたら一帯住居表示がないビルばかりで迷子に。(地図) GAPの向かい、アップルストア渋谷店の隣、と探すと見つけやすいかも。ビルの正面にも目立つ看板があるわけではないので「このエレベータでいいのだろうか」と不安になりながら辿り着いたのでした。

 4/4~5/10は『大正デカダン展』なるテーマで展示中。

 狭い。暗い。妖しい。
 デカダンと銘打っているから、ではなく元々そんな空間を目指しての展示スペースなのでしょう。見学者同士が擦れ違うのも苦労するような狭く照明の少ないスペースに人形が飾られていました。小さく妖しい現在進行形のデカダン。現代作家の手になる球体関節人形からジュモー、市松人形と、工芸からアートにまたがるジャンルの人形たち。

 お土産にポストカードを買って帰りました。

|

« 『日曜日に生まれた子供』紺野キタ | トップページ | 『コミック百合姫』Vol.16 & 『百合姫Wildrose』Vol.3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。