« 『耽美なわしら 2』森奈津子 | トップページ | 福島正実記念SF童話賞・結果発表 »

ディスカバリーチャンネル『恐竜のミイラ』『ミクロラプトル』

 ディスカバリーチャンネルの無料放送枠で恐竜特集がありました。

恐竜のミイラ SECRET OF THE DINOSAURUS MUMMY
 先に購入した『発見! 恐竜のミイラ』という本(感想)はあまり知りたいことが載っていなくて不平たらたらだったのですが、今回見た番組の方は大満足。きちんと立体構造を保ったままの軟組織が化石化していて「すごいっ!」と食い入るように眺めてしまいました。皮膚の鱗模様がくっきり、クチバシのケラチンもしっかり。(CTではないけれど)放射線を利用した透視写真では腸や肝臓、胃、嗉嚢(そのう)まで確認でき、見たい部分がしっかり紹介されていました。これはもう見るしかないって感じです。こちらは「レオナルド」で、前記の『発見! 恐竜のミイラ』に載っていたのは「ダコタ」という個体です。ミイラ化石として有名なのはダコタの方で、これは『恐竜2009―砂漠の奇跡』にて来日予定だとか。どちらもハドロサウルスの仲間だそうです。
ミクロラプトル THE FOUR WINGED DINOSAUR
 異なる説を唱える学者同士ってすっごく仲が悪そう、というのがよくわかった番組でした。「鳥の祖先は恐竜じゃない」「いや、恐竜だ」と譲りません。ううむ。
 ミクロラプトルの映像は見事の一言。雑誌やwebですでに幾度も紹介されている有名な化石で、『恐竜博2005』でも発掘後間もないのに展示されていて感激したのですが両手、両足の四枚の羽が本当にはっきりと見て取れるのです。この番組では復元骨格から「飛行したか?」「飛行姿勢は?」といった部分に焦点を当て、生体復元モデルを風洞に入れて空気抵抗や揚力を計測します。生体復元モデルは微妙にはげちょろけていて「もっと羽毛をつけたい」って感じでしたが、揚抗比の良い結果が出ました。ちょっとドラマチック過ぎない?と思わないでもないですが興味深く楽しい番組でした。

|

« 『耽美なわしら 2』森奈津子 | トップページ | 福島正実記念SF童話賞・結果発表 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。