« 『つぼみ』Vol.3 | トップページ | 『半熟女子 2』森島明子 »

『瑠璃色の夢』森島明子

森島明子新刊瑠璃色の夢
森島明子
一迅社 IDコミックス 百合姫コミックス
2009.8.18
900円

★★★★☆

 薄くグレーよりの紫の表紙は雰囲気があってイイ! OLがこんなにファンタジーに見えてしまうとは。表題作からのペアです。
 収録作は『百合姫』掲載作が六本、書き下ろしが一本、あとがき漫画が一本の短編集。『百合姫』掲載時にキマッテルと思った「ハニー&マスタード」のカラー絵もカラー印刷のまま収録されてます。これは嬉しい。
 書き下ろしの一本は『楽園の条件』収録の「20娘×30乙女」シリーズの完結?編。エステでフルコースした圭子先生がぴかぴかになってるシーンで思わず笑ってしまいました。いかにも高そうなエステコース。
 登場人物の平均年齢は高め。ティーンのヒロイン中心の百合漫画の世界では森島明子みたいな二十代に焦点を合わせてきている作家は少数派ですね。ヒロインの年齢が高めであるのと、日常的な感覚に寄り添ってその中に少しコミカルなタッチで同性愛ファンタジーを描いているために、現実感と漫画的な雰囲気がミックスされてナマナマしくないのに実感を与えてくれている気がします。それが「ビアン寄り」という評価(ネット評だとそういう方向にあるみたい)に繋がっているのかも。結婚、妊娠、出産といった“普通”の人生ルートには直接乗れないのが同性愛なわけで、恋愛の中でそんな部分に触れてきているのは確かに「百合」というよりも「ビアン」的な視点なのかもしれません。

 あとがき漫画を読むと仕事量がタイヘンそう……。

|

« 『つぼみ』Vol.3 | トップページ | 『半熟女子 2』森島明子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。