« 『瑠璃色の夢』森島明子 | トップページ | 『ひみつの階段』紺野キタ »

『半熟女子 2』森島明子

半熟女子 2
森島明子
一迅社 IDコミックス 百合姫コミックス
2009.8.18
900円

★★★★☆

 『瑠璃色の夢』(感想)といっしょに買ってきました。

 TLっぽいえっち分多めシリーズの第二巻。『瑠璃色の夢』と同時発売でした。
 レジでバーコードを読むときに本をひっくり返されてぎょっとしました。お、帯がっ、手錠プレイとご奉仕シーンだぁ。表紙は肌の露出はしてるけど雰囲気的に控えめだったので油断していてあせりました。中身がベッドシーンいっぱいであることは想像がついていたのですが。不覚。

 力作でした。TL風といって思い浮かべるのは「レイプから始まる恋もある」とかSMチックな「おまえは俺だけの奴隷」みたいなのなんですが、森島明子に描かせるとセクシャリティや恋愛の悩みが等身大的に盛り込まれてきて、ベッドシーンいっぱいなのにマジメさが漂います。登場人物たちがみんな一生懸命なのかな。TL物にありがちな流され型のキャラでないあたりも好感。思いっきり流され役の江戸川先生でさえ流されていることに自己陶酔しないしっかり者です。
 とはいえ、ベッドシーンいっぱいでセックスを中心に展開している話であることに変わりはないので官能表現それ自体を楽しみたい人向きであるのは大前提。

 二巻では体と体での対話で関係を深めていく二組。一巻よりもボディトークが自然な感じでストーリーの中で濡れ場の導入に納得できます。楽しく読めました。性描写っていうのもこんな風にアプローチできるんだな、と感心。
 長編ストーリー前提であったのも良かった印象です。

 実質的に描き下ろし?っぽいケータイ配信のこの『半熟女子』シリーズ単行本。完結編です。

関連記事

|

« 『瑠璃色の夢』森島明子 | トップページ | 『ひみつの階段』紺野キタ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。