« SONY VAIO P × 無印良品紙ケース | トップページ | 『うのはな3姉妹 1』水谷フーカ »

『三者三葉 8』荒井チェリー

三者三葉 (8)
荒井チェリー
まんがタイムKRコミックス
860円
2010.10.27

★★★★☆

 荒井チェリーの代表作といって良さそうな「三者三葉」シリーズ。大食い元気娘・双葉、エセ委員長・葉山、落ちぶれた元お嬢様・葉子様の三人を軸に描いた学園もの。当初は三人娘+葉子様の付き人・山路で話が展開していましたが八巻ともなるといつのまにか準主役級のキャラも増え、賑やかに。八巻では五巻から登場した西川家(葉子様)の元使用人である萌えない萌えメイド・薗部さんがますます変人度アップしてたり、満腹食堂で大食いメニューが新たに登場したり、葉子様のダメな父上がまた大儲けを企んだり、双葉が萌えキャラを目指してみたり、といつも?の荒井ワールド。

 巻頭カラーでは主役三人娘の幼少時が描かれていました。雑誌掲載は読んでいないのでよくわからないのですがこれは描き下しなのかな? 巻末には石見翔子、湖西晶、真田一輝、ざらによるゲストページやあとがき漫画もありました。

 八巻なのでいまさらオススメもしづらいのですが、一巻をぱらりと立ち読みしてみると合う人はどハマリして八巻まで大人買いしちゃうんじゃないかなーというシリーズ。サザエさん時空のお話ではありますが、一巻から順次読んだ方がキャラの増えていく経過が楽しめると思います。

|

« SONY VAIO P × 無印良品紙ケース | トップページ | 『うのはな3姉妹 1』水谷フーカ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。