« 『Grils Love 〜strawberry milk shake〜』 | トップページ | 『百合男子 1』倉田嘘 »

『つぼみ』Vol.13

つぼみ VOL.13
芳文社まんがタイムKRコミックス GLシリーズ
2011.8.11
★★★★☆

 感想、いきます。

表紙 森永みるく

 「秘密のレシピ」との連動表紙。これ、大きなサイズのポスターで欲しい。オンデマンド印刷の通販とかしてくれないだろうか。表紙カバー下のラフ?にも森永みるくの絵があるけど、これは没表紙案だったのかな。タコの絵とか謎シチュだ。

扉絵 八神健

 あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ー。今回はイラストだけど漫画でも来るのかな?

ひみつのレシピ 森永みるく

 ペンションでの優雅な合宿で部長を籠絡しようと楽しみにしていた若槻ピリ…。現地に到着してみるとオシャレなペンションのはずがおおらかな民宿と一ページ目からハプニング。『GIRL FRIENDS』よりもギャグ寄り展開の「ひみつのレシピ」だけれど、若槻が発情→恋する乙女へと切り替わってからもうキュンキュン展開。でもやっぱりギャグアプローチはばっちりで今号でも百合漫画らしくない?阿鼻叫喚シーンが。

ロンリーウルフ・ロンリーシープ 水谷フーカ

 前回、強烈な引きのあるシーンで終わったこともあって待ち遠しかった今回はなんと最終回。小さい伊万里さんはカッコイイな〜。これは単行本で一気に読む人と、連載を追っかけていた人とでは印象が違う話になりそう。タイトルの狼さんはいったい誰だったのでしょう、という話になった気がします。

星川銀座四丁目 玄鉄絢

 塾の先生たちのお話は今回で一区切りの模様。なるへそー。そういう関係を維持している二人ってことだったのか。本家ペアのお話に戻って……大笑い。1、2、3、だーっ。そして今回は二部構成。新キャラ登場、かな?

キャンディ 鈴木有布子

 女の戦いが熱い! 悪役ちゃんも憎めないな〜。そして何より絵柄が好き。

総合タワーリシチ あらた伊里

 タイトルはロシア語のтоварищからかな? スラブ系の他の言葉かも。対決型学習漫画らしい第一話でコロコロコミックに載ってそうな熱い感じ。こちらも二部構成でメインストーリー?と番外編の組み合わせ。ギャグ漫画ノリで勢いが楽しい。これ、長期連載&アニメ化が狙えそう。

prism 東山翔

 #3.5ということで8ページ。ふと思い浮かんだのが十二国記の景麒のセリフ。「にゃ……にゃあ」ってなんだ〜、くそぅ、可愛いぞ。そしてこちらも番外編付の二部構成。前回の眼鏡ちゃんの小エピソード。でもね眼鏡ちゃん、いきなり「カーミラ」でお勉強は濃過ぎると思うんだ。

ネガポジ 天王寺キツネ

 盗撮系写真マニア女子が主人公の写真漫画後編。ヒロインの甘露ちゃんも極端なキャラだったのでした。

トラにツバサ モロやん

 才能を意味する“ギフト”の説明から始まるストーリー。主人公には何やら秘密がありそうで……なんだけど、これ以上説明すると一話のネタバレになってしまうわけで。ぅぅぅ。

魚の見る夢 小川麻衣子

 Vol.11の続編。舞台は葛西臨海公園をモデルにしたのかな? 見覚えのある建物が。

花と星 鈴菌カリオ

 王子様の夢とは縁遠そうな主人公の王子様ドリーム……。『つぼみ』に増えてきたギャグ漫画路線は「花と星」が好調だからかな? 今回は急展開。

くらいもり、しろいみち 由田ちゆ

 今回は“承”の回かな。淡々と歩いて、喋って。次回はきっと“転”。

ガールズライド 磯本つよし

 今回はのんびりツーリング描写メイン。こういう淡々と乗り物を走らせる漫画、あまり見なくなったので二輪好きとしては嬉しい。夏場は陽に焼かれ、冬場は凍えて、季節を真っ先に実感する。いいなあ、ツーリング。舞台はどこだろう。食べ物からすると富士五湖近辺かな?

モノローグ・ラブ 縞野やえ

 最初にのった巨大化話の印象が強くて、以降に掲載されている普通の設定の話を見ると「日常的ないけるんだ」と変な感想を持ってしまったり。

しまいずむ 吉富昭仁

 のっぽ貞子とロリ子はレギュラー化するのかな。そしてなぜか黒部ダム。……吉富先生ならきっとやる。アレをやってくれる……はず。

|

« 『Grils Love 〜strawberry milk shake〜』 | トップページ | 『百合男子 1』倉田嘘 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。