« 『Sis 秘密の恋心』 | トップページ | 『盤上の夜』宮内悠介 »

『アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ』ジョー・マーチャント

アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ
ジョー・マーチャント
訳:木村博江
文芸春秋文庫
★★★★☆

 面白かった!

 エーゲ海のアンティキテラ島で海綿取りの潜水夫が発見したギリシア時代の沈没船。壷や大理石像とともに見つけ出された青銅の塊。それは精巧な歯車が組み込まれているかに見えたのだが――。

 トンデモ本ではオーパーツ扱いされているらしい古代ギリシアの遺物・アンティキテラの機械。その機械の発見から機能解明までの過程を解説した本です。地中海の海綿取り文化や潜水服・潜水病の歴史、機械史、天文観測技術史を交えつつ古代ギリシアの機械に迫ります。レントゲン技術の発展とともに進展するアンティキテラの機械の分析。二十世紀初頭に発見された機械の正体は、デッドヒートの研究合戦の果てに明らかになっていきます。なんてドラマを秘めた機械なのか。

 残念なのは訳に少々難があること。私の読んだのはハードカバー版なので文庫版では修正されているかもしれませんが、メカの説明やエピソードの繋がりがおかしく、誤訳を含んでいるように思われました。でも、そんなことは些細なこと。二千年以上前に作られた奇跡の機械のことを詳しく知るための貴重な本です。オススメ。

 アンティキテラの機械、インテリア的にデザインされた復元モデルがあったら魅力的な気がします。

|

« 『Sis 秘密の恋心』 | トップページ | 『盤上の夜』宮内悠介 »