« 百合とSF 2012 | トップページ | 『ミズイロ、ソライロ』慎結 »

『つぼみ vol.19』

つぼみ vol.19
芳文社
2012.8.10
★★★★☆

 今回は森永みるくがお休みでちょっと寂しかった。ご本人のブログ告知によると次号から再開するそうで一安心。vol.19発売日は『つぼみ』掲載コミックス単行本がまとめて出て賑やかでした。

ベツキス 百合原明

 表紙カバー+巻頭カラー+巻頭掲載とセットの百合原明特集号。カラーが映えます。今回は単行本1巻同時発売。ぶちゃ猫可愛いよぶちゃ猫heart04

神さまばかり恋をする 一花ハナ

 こちらも単行本1巻発売。身近な感じのする神さまたちを含め、キャラの関係がさほど明確ではなかったところからぐぐぐと動き始めた感じがします。

星川銀座四丁目 玄鉄絢

 前回、波乱で大きく盛り上がったところからしっとり落ち着いたフィナーレを迎えた星川銀座。次号にもおまけの話が載るそうで楽しみ。ちょっと前のカラー絵の謎の解明回でもありました。まだ謎がいっぱい残ってる気もします。

総合タワーリシチ あらた伊里

 今回は二話掲載。
 神奈さん、あんた最凶……。そして後半のちはや回いい感じでした。

ミルノ観察日記 八神健

 八神健はvol.13での扉絵イラストに続いて今回は漫画で登場。すごくダメな大人キャラで来ました。

嘘つきと観覧車 杉浦次郎

 男装女子モノ。ワンコ話のイメージが強い作者でしたがプレーンな話で少し印象が変わりました。

前略、百合の園より 須河篤志

 今回のテーマは“おあずけ”かな。実は漫画描きであるコワモテの百合とSキャラを演じて?いるっぽい委員長のシリーズ。委員長、ボケキャラ入ってました。

魚の見る夢 小川麻衣子

 わーん。今回短いよぅ。4P。次回予告みたいな前振り回でした。

少女サテライト はみ

 かっちりしたストーリーや設定があるわけではなさそうな気もするのですが、断片のシーンのなんとなくな感じは悪くないこの連作シリーズ。今回は宇宙ネタ音楽で。

&ドロップアウトあんどろっぷあうと TOもえ

 メインはタイトル通り主人公に仕えるアンドロイドとの関係のようなので、もっとそっちよりのお話でも良かったかな?なんて思いました。

恋愛のできないお仕事 コダマナオコ

 色もの御当地アイドル三人組。ピーナッツのピー☆ガールってあんまりなネーミングだ〜と笑ったあとにカチッと決まる壁ドン。これだ〜。コダマナオコのキメシーンはとてもぐっと来るのです。主人公はリナですがヒロインの位置にいるのは小春のようで美人カットの小春が可愛い。

大正水玉奇譚 ていか小鳩

 作者ブログによると三人組であるらしい作者さんは初登場。大正ロマン的な時代背景で幽霊モノ。好感度の高い作画、うまく組まれた構成、小物や言葉遣いの大正的演出と今号のMVP。甘酸っぱいお話は作中に登場させたカルピス的イメージの飲み物とよくあって、いっそカルピスの協賛をもらってしまえばいいのに、なんて思ったのでした。

16歳のとりせつ とび

 おつきあいを始めたばかりの初々しくてもどかしい感じとギャグ寄りのノリが楽しい。二ページ目最初のコマは大ゴマで見せてぇぇぇと主張したいのでした。強く。

花と星 鈴菌カリオ

 ぉぉぉ。とっても百合漫画らしい展開。これまでの主人公のとんちんかん振りが見違えます。花井さんは朴念仁型主人公なのによく頑張った。星野さんもぶきっちょゆえの唐突さでよく頑張った。隔月連載でドタバタ面の印象が強かったけど単行本でまとめて読むとストーリー構成ががっちりしてるのが見えてきそう。

銭湯ハワイspa番外篇 かずといずみ

 「銭湯ハワイ」はwebコミックがメインストーリーなのかな。最初に読んだとき「番外篇」の文字に気づかずに湯浅さん中心の百合ハーレムになるのかと一瞬変な期待を。かずといずみはこういう楽しい展開を継いでいく話が好きだな〜。

しまいずむ 吉富昭仁

 年長組本格描写キター……のですがやはり吉富昭仁。一筋縄では行かない。

★ ★ ★

読者プレゼント

つぼみ Vol.19 つぼみ普及委員会 百合原明

 この号の『つぼみ』の読者プレゼント(懸賞)、当たりました。(2012/11/9)
 「つぼみ普及委員会」のポスターです。百合原明先生の絵です。かわええ〜。

 生まれて初めて読者プレゼントなるものが当たったのでした。

|

« 百合とSF 2012 | トップページ | 『ミズイロ、ソライロ』慎結 »