« 『東京喰種』 | トップページ | 満員御礼 »

『ゴシックハート』高原英理

ゴシックハート
高原英理
講談社
2004.9.14
★★★★☆

 面白かった!

 ゴシック寄りの小説を書いている時にふと「私の書いているものはゴシックになっているだろうか」と心が揺らぎ、すがる気持ちで読んでみました。ああ、私の思うゴシックはそんなに外れていなかった、とほっとできたのと同時に文中で挙げられていた作家で新たに知ることが出来た人もいたりと収穫も多かったです。以前に読んだ『死想の血統』共々、オススメ。

 ゴシックというのは定義が曖昧でなんとなくな感じの言葉。ゴシック・ロリータ、ゴシック・メタル、ゴシック小説。形容としてつく言葉なのだけれど実体があまりない。怪奇的なとかおどろおどろしいとか猟奇的であるとかそんなあたりのニュアンス。この本では小説、音楽、美術の紹介を絡めつつゴシックの例を示して「ゴシックとは何か」をじわじわぼんやりと示していきます。明確な境界・定義のないゴシックという概念の霧が読み進めるに連れて掴めてくるはず。各章題を見ればどんな話が扱われるかわかります。

  1. ゴシックの精神
  2. 「人外」の心
  3. 怪奇と恐怖
  4. 様式美
  5. 残酷
  6. 身体
  7. 猟奇
  8. 異形
  9. 両性具有
  10. 人形
  11. 廃墟と終末
  12. 幻想

高原英理「ゴシックハート」目次より

 特に印象に残ったのは「身体」の章。『攻殻機動隊』を例に語る部分に紙数を割いているのですが、意識と身体の関係について最新の知見を先取りするようなことを述べていたりして興味深いです。「人形」の章についても——実はこのテーマを目当てに読んだのですが——共感が持てました。なぜ少女と人形と猟奇とが「ゴシック」というキーワードで繋がるのか、はっきりしたロジックで繋がるわけではないものの、接点となる媒介が朧げながら見えてきた気がします。

 挙げられていた作品に触れてアタリを感じたのは

 他にも紹介されていたマリオ・アンブロスィウスの「Ma poupee japonaise」 という写真集を見てみたかったのですが値段も張り、図書館でも見つからずで果たせていません。残念。

 著者は幻想怪奇の分野で著作がいくつもある方のよう。これを機会にいくつか読んでみようと思ったのでした。

|

« 『東京喰種』 | トップページ | 満員御礼 »