« 都庁展望室 | トップページ | 『脳のなかの匂い地図』森憲作 »

下町・三軒茶屋

東急世田谷線とキャロットタワー

 三軒茶屋。
 東急世田谷線の始発駅のある小さな街。けれど展望室のある高層駅ビルがあり、R246と世田谷通りの接点にあり、渋谷にほど近く学校がいくつか集まっているということもあってそれなりに賑わいがあります。

 でも、ちょっと意外な一面もあるのです。

三軒茶屋シネマ

 ここは三軒茶屋シネマ。すぐ近くに三軒茶屋中央劇場という映画館もあります。ありました。2013年の2月に営業を終了してしまいましたが。私の記憶では中央劇場か三軒茶屋シネマのどちらかはかつてロマンポルノを上映していました。今は名画座、かな。
 三軒茶屋シネマの上階はバッティングセンターになっていてものすごくおんぼろの外階段から入ります。もうこのあたりで漂いはじめる場末感。清潔感溢れる駅ビル・キャロットタワーとは世田谷通りを隔てているだけですが、雰囲気のギャップに驚きます。

居酒屋の窓に皮水筒

 界隈を歩くと一癖ありげですがおいしそうなお店もいっぱい。

常習性?のあるラーメン

焼豚屋

 お風呂屋さんだってあるのです。一見、空き地でも封鎖しているかのようなトタン塀ですが……。

トタン塀のお風呂屋さん

お風呂屋さん・間口狭し

 狭い入口の中を覗くと銭湯の入口が。場末、というよりはかつての学生街、下町の雰囲気なのかもしれません。

狭い路地

 車の入り込めない路地裏です。

昼でも薄暗い路地

 場末感が漂うのはR246と世田谷通りに挟まれたごくごく狭い地域。写真好き的には魅力的な街です。
 小さなスナックや小料理屋がぎゅう詰めになっている路地もあるのですがそういった場所は夜の方が魅力的。いずれ写真を撮ってきて紹介したいと思います。

|

« 都庁展望室 | トップページ | 『脳のなかの匂い地図』森憲作 »