« 『アルラウネ』H.H.エーヴェルス | トップページ | 『コミック百合姫』2014年11月号 »

アルドノア・ゼロ オリジナルサウンドトラック

アルドノア・ゼロ オリジナル・サウンドトラック
澤野弘之

 アニメのサントラの感想など。

 アルドノア・ゼロというTVアニメがあります。深夜帯放送のロボットものでなんでも吸収装甲、ロケットパンチ、ビームサーベルっぽいもの、宇宙戦艦といったベタな定番要素盛りだくさんで、シナリオは虚淵玄らしくしょっちゅう大きな転換を迎え、ダブル主人公の片方が受難担当であったりとエンタメに徹していて、キャラデザは志村貴子、OP主題歌はKalafinaと絶対にハズさないだろう布陣です。

 そのアルドノア・ゼロのオリジナルサウンドトラックを買ってみました。

 面白い……。

 一曲目のNo differencesはぱっと聴いた感じどうということのないボーカル曲の気がしたのですが、オケ風に多数のパートを駆使する二曲目以降を聴いて「なんかスゴイ」と思ってしまいました。iPodのおまけイヤホンや安ラジカセで聴くと音が団子になってフツーな感じなのですが、分離の良いそこそこの性能のヘッドホンで聴くと和声とオーケストレーションがぎょっとするくらいちゃんとしてる……。多様な音が使われているおもちゃ箱的な音楽なのに、音がにごったりぶつかったりしないですっきり入ってきます。低音のリズムもしっかり、弦やホルンのアコースティック楽器も気持ち良く。音色はロック的でありつつ現代クラシックの作曲技法が投入されていそうな骨格のしっかりした音楽でした。
 アニメに使われる音楽は映像のイメージを借りて楽しむという側面もまた魅力ですが、このアルバムの曲、特に器楽曲インストルメンタルやボーカルより器楽主役の曲はアニメのイメージを借りずに楽しめる力強さがある気がしました。

 Wikipediaを見たら『進撃の巨人』アニメの音楽も同じ作曲者とあり気になってきました。

|

« 『アルラウネ』H.H.エーヴェルス | トップページ | 『コミック百合姫』2014年11月号 »