« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の3件の記事

『白銀ギムナジウム』ひるのつき子

白銀ギムナジウム(上)(下)
ひるのつき子
一迅社
2014.10.18

 九月、十月と百合姫コミックスでは同人タイトルの出版や『ひらり、』掲載作からの単行本化がありちょっとしたラッシュです。それらの作品の中で一番好みであったのがこの『白銀ギムナジウム』です。

 『百合姫』11月号にお試しで部分掲載されていたものを読んで期待していました。
 大正解。シンプルなお話の連作短編で群像劇的ではありつつメインストーリーの二人がいる、という感じです。舞台は近世的な雰囲気の漂う孤児院。作中では“寄宿舎”と呼ばれています。絵柄もお話の雰囲気も少女漫画調。ちょっとした寂しさ、メランコリックな雰囲気が全体を通じて存在します。少女が少女として残された猶予期間モラトリアムに自覚的であり、また寝食をともにする友人を特別な存在と認識することで「普通」の少女たちのありように違和感を持つ自覚的なアウトサイダーであったりと百合漫画的にとてもシビレル設定です。
 一言にするなら「まっすぐ」。登場人物たちは必ずしも思いをストレートに行動に表しはしないのですが、心に抱える思いのまっすぐさが気持ちよいのです。漫画としてもそんなキャラのまっすぐさをまっすぐに描いていることにとても好感が持てます。このまっすぐさは元が同人誌として描かれたものであるということもあるのかもしれません。商業誌だとプレーンでまっすぐでシンプルであるがゆえに描きにくいタイプのお話/作風に思えました。

 登場人物はエイミーとフィオナの二人をメインにトト&エリス、アテナ&クロエのエピソードが配されます。双子を自称する仲の良いエイミーとフィオナ。後半には孤児院の運営状況なども織り交ぜられ連作短編の形で緩やかに繋がるひとつのお話になっています。
 Kindle版のサンプルも手軽に見られるようになってきていると思いますし、絵柄や作風も含めて好みに合うか試し読みをお勧めしたいです。

|

『DUNEROSE』大北紘子

DUNEROSE
大北紘子

 同人誌の感想です。
 『裸足のキメラ』『月と泥』『Vespa』など心にざっくり来る作風で百合漫画読者にお馴染みの大北紘子の同人誌です。

大きさB5
ページ数24

 表紙は発色も鮮やかで非光沢シボ風の紙の質感とも合っていい感じ。題字は一部に虹色の箔押しが入ります。
 収録は学園もの、「名もなき草の花の野に」と同じ教会が舞台の話、「鎖の斬手」の後日談の三つ。

 大北紘子の作風をご存知の方であれば「百合」というジャンル分類で違和感はないと思います。
 学園ものでは主人公のモノローグに「うんうん」と頷けます。教会はやはり苦界ではあるのですがその環境が人を作るのかあるいは呼ぶのか歪みに「うわわ」となります。真木さんのちょっぴりふわふわでありつつしっかりもしてそうなところとか藤堂先生の痺れる迫力にも再会できて嬉しかった……。音無の打倒すべき相手は強大なようです。

 大北紘子分が足りないと感じる方にぜひ。
 とらのあなの委託販売にて購入しましたが金曜夜に注文したものが日曜昼には届きました。同人誌の通販は初めてでしたが、割と手軽でした。

|

『記号創発ロボティクス』谷口忠大

記号創発ロボティクス 知能のメカニズム入門
谷口忠大
講談社選書メチエ

 最近読んだ科学解説本の中では一番どきどきわくわくする内容でした。

 タイトルからは内容がイメージしづらいかもしれません。大雑把にようやくすると「心を持ったロボットを作りたい」という本です。目次を引用してみます。

第一章 ロボットが心を持つとき
第二章 自ら概念を獲得するロボット
第三章 自ら言葉を学ぶ知能
第四章 潜んでいる二重分説構造
第五章 ロボットは共感して対話する
第六章 構成論的アプローチ
第七章 記号創発システム論

谷口忠大『記号創発ロボティクス』目次より

 第一章は「ふうん」で第二章は「ほぉ」と思いつつ読み、第三章、第四章でがっちり引き込まれました。第三章で教師なし学習の実例として形態素解析(文節区切り)に二重分節構造があると示され、第四章ではそれと同じ構造を持った運動が自動車の運転に潜んでいることが示されます。言葉の処理と運動に同じモデルが使われていたなんて! キーとなっているのはベイズ統計と学習アルゴリズム。度数を元にした従来の統計と違う尤度を元にしたベイズ統計は、曖昧な世界の解析に向いているようなのです。この本全体を貫く「認知的な閉じ」という考え方が、読み進めるにつれじわじわと存在感を増してくる凄味。長らく人工知能の壁とされてきたフレーム問題がとうに過去のものとなっていたことを教えてくれる人工知能研究の現状。こんなに面白いことやってるんだ、というのが伝わってきました。

 人工知能研究には哲学や思想史が絡んできます。科学哲学の専門書ではないのであまり詳しくは触れられていませんが、著者はそちら方面にも造詣がある様子。ここしばらく科学哲学や思想史を齧る機会の増えていた身には広い視野を持った著者のスタンスがとても格好良く思えました。『脳はなぜ「心」を作ったのか』『ヒトはいかにして言葉を獲得したか』ではちょっと物足りなく感じていた要素ががつーんと示されます。バックグラウンドになる広範な知識、問題に取り組むための枠組みの明示、すっきりしたモデルとそれを実証して見せることの説得力。理想が形になったような人工知能研究の姿を見せつけられて心が震えました。やっぱり科学ってこうでなくっちゃね、と実感。

 知能や意識に科学でアプローチをしたいと思っている高校生に読んで欲しいと思ったのでした。用語がちょっと難しめ&定義した用語をばんばん使うので軽い読み物ではないですが、数式はまったくなく「ベイズって何?」状態でも大丈夫。じっくり内容を追っていけば著者の伝えたいことは理解できるはず。こういう研究がやりたい!って進路が決まるかもしれません。
 ハードSFを指向する創作者にもお勧め。暗号解読やSETI、動物のコミュニケーション分析……とそれぞれ想像する対象は違うかもしれませんが、この手法いろんなことに使えるんじゃ?といったワクワクで頭の中がいっぱいになるはず。なりました。創作の刺激てんこもりな本のはず。『攻殻機動隊ARISE』が「記憶って何? 意識って何?」から逃げていることにがっかりし『蒼き鋼のアルペジオ』のアニメがヒト的な感情や衝動を当然のものとして知能のゴールとしていることに物足りなさを感じていたところにこの本はガツンと効きました。千年一日みたいな知能観にいつまでも浸かってる場合じゃないんだぞ!と。いえアニメはどっちも面白かったのですが。

 認知的な閉じ、という前提は示されてみればあまりにも当然で、パラダイムの転換に相当したのかな、なんて思えた一冊でした。

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »