« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年5月の4件の記事

一太郎2016でアウトライン

一太郎でアウトライン

 一太郎にはずいぶん前からアウトライン機能が搭載されています。Microsoft Wordでもですが、ワープロソフトのアウトライン機能、使っているよ!という方が意外に少ない気もします。最近、一太郎を2016年版に更新してみたら操作性がずいぶん改善されていたこともあり、改めておすすめしてみます。
 章や節にわけるビジネス文書や論文でも便利な機能ですが、小説創作でもとても役立ちます。

試してみよう

 説明はナシ。まずは一太郎を起動します。
 まっさらなところに「タイトル」「章」「本文」のつもりでだーっとベタ打ちで下図のようなサンプルを作ってみましょう。

一太郎のアウトラインを試そう

 書式とか設定要らないです。
 ジャンプバレットツールパレットを開いておきます。ツールパレット「段落スタイル」を。

ジャンプパレットとツールパレット

 次に、タイトルのつもりの行にカーソルを置き、ツールパレットの段落スタイルから「文書タイトル」を選択。同様に章や節に「大見出し」「中見出し」を割り当てていきます。

Taro_outline02

 すると左側のジャンプパレットに目次のようなものが表示されます。(表示されないときはジャンプパレットのタブを「目次」に切り替える)

 ここまでやればもう使い方がわかったはず。文章に構造をセットする機能です。ジャンプパレットで自由にジャンプできますし、階層構造もデフォルトで七つ与えられるので文章の整理がしやすくなります。

 印刷・体裁のことはこの段階でまだ考えない方がシンプルです。
 でも試すなら、

Taro_outline04

 見出しの種類毎にツールパレット段落スタイル−スタイル変更で体裁が変えられます。この「スタイル」機能も便利なので、とにかく実地で色々試してみるのがおすすめ。

 「きまるスタイル」がこの段落スタイルまで含めて隙なくデザインしてくれていると両面印刷の行のズレを気にしなくて良くなりそうなのですが……。

アウトライン

 アウトラインとしての構造と、体裁設定としてのスタイルは実は一太郎では別の概念なのですが、分けて考えない方がシンプルです。また、見出しには(構造として)設定しても印刷表示しないこともできるので細かく分類しておいても文書がうるさくならないようにすることもできます。

 ここまでアウトラインモードに触れませんでしたが、上でスタイルの設定とともに慣れてから試してみるといいかも。アウトラインモードの画面デザインや操作性があまり練られていないこともあって「アウトラインって何?」という状態で触ろうとするとよくわからないままやる気が削がれると思うのです……。

目次

 アウトラインは目次の作成にもダイレクトに繋がる機能。各見出しを自動で拾って目次にページを打ってくれ便利です。ただ、この目次作成機能、操作も組版も微妙に垢抜けないのが惜しいかも。

関連記事

|

艦これ 2016年春イベント「開設!基地航空隊」クリア

 今回はしんどいイベントだったー。燃料・弾薬・鋼鉄を20万以上貯めて臨んだのですがE-7甲をクリアしたときには燃料が7000ほどまで減っていました。速吸用の洋上補給アイテムもこれまでのイベントetcでもらった分を使い切り、さらに2セット(4個)購入してようやくクリアです。

開設!基地航空隊 E-7甲クリア

開設!基地航空隊 E-7甲クリア

甲勲章

甲勲章

甲勲章

 E-7報酬艦のIowaは艦これキャラには珍しく英語っぽい巻き舌でしゃべります。
 一通りの海域クリア後、前哨戦編成に戻ったボスマスに偵察に行ってみたところ一度目でS勝利&春風ドロップ。さらにE-6にもどりLマス二回のS勝利で親潮がドロップして今回のイベントは終了となりました。

獲得艦

|

iPhone SE買いました

iPhone SE買いました

 Macユーザでありながらここ一年ほど5inchのAndroidスマホを使っていました。ちょっと大きすぎるぞ、と思っていたところにiPhone SE発売の報が。ようやくApplestoreにも並び始めたので5/7の昼にApplestore渋谷で買ってきました。

Iphone se

雑感

 ちょっとだけ動く写真は楽しいかなと少し楽しみにしていたのですが、これ、動く絵を見るためのUIがあまり洗練されていなかったり、ネット上で共有して楽しむための基盤が整っていなかったり、そもそも動きが加わって面白くなる写真なんてものすごーく少数だったりして体験として楽しくも新しくもなかった気がします。iOS10でなくなってても構わない機能かも。
 カメラ自体は着実な進歩が感じられて絵もきれいですし家計簿アプリのレシート撮影も認識精度が如実に良くなっていて恩恵が大きいです。
 ホームボタンの指紋認証は便利です。実用度が非常に高く、この種の持ち歩く情報端末には必須の機能かも。

iPhone SE

 5inch以上の画面サイズが主流になりつつあるスマートフォン。どこでもゲームがしたい、とかであれば画面は大きい方が良さそうな気はしますがミニマムサイズが好みの身としては画面はiPhone SEでもまだ大きいくらい。これまで使っていたiPod touch 4thの3:4画面で良かったのに、と思います。
 バッテリーは3G/LTE通信をするとみるみる減って行くのはスマフォ共通。Wi-Fiの使える環境であれば丸一日余裕で使えそうです。
 意外に良くて驚いたのはヘッドホン端子。iPod touch 4thの端子より出力に余裕があるようでSONY MDR EX-750でも音の痩せが気になりません。
 画面の最大輝度がこれまで使っていたAndroid端末より小さく屋外ではちょっと見づらい場面が多くなりました。これはAppleらしくない感じ……。
 GPSの精度はこれまで使っていた端末とは段違い。位置づけ的にはミドルクラス端末のはずのSEですが画面サイズが小さいだけで最新デバイスを積んでいるのは嬉しいところ。

|

第22回文学フリマ東京 参加しました

第22回文学フリマ東京

 第22回文学フリマ東京、参加してきました。
 今回は会場がこれまでと同じ敷地内ではあるものの第一展示場へと移り一フロアに。見本誌やチラシの置き場所も変わり、なにがどこにあるのかわからずに右往左往。カタログの配置図を見て見つけたという感じです。

買った本たち

文フリ収穫本 当日の収穫本たち。単身で出店していると欲しい本を探しに出ることがままならず、カタログであたりをつけて素早く買って戻ることしかできないのでした。

ブース

Bunfree_booth 出展ブースはこんな感じでした。机の前の右側は電子版への案内QRコード。ブース番号だけ書いた紙はちょっと寂しい感じなので次は屋号(サークル名)もつけようと思います。


|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »