カテゴリー「日記2018」の3件の記事

Amazon echo dot 購入

Amazon echo dot を

 Amazon echo dotを購入しました。2018年3月20頃では招待制が続いていてリクエストから数日を経ての購入です。

 少し前にニュースが流れました。
「Amazon echoでKindlle本を読み上げられるようになった」
というニュースです。このニュースで購入意欲が生まれました。英語圏のKindleはごく初期の端末には音声読み上げ機能があったのですが、イヤホン端子のない新モデルとともにその機能が削がれてしまったのです。車社会のアメリカではKindleの音声読み上げ機能は運転の友として好評であったと聞きます。
 その一度は廃止された電子書籍の読み上げ機能がAmazon echoで復活したと知りました。しかも日本語でも。
 これは欲しい!
と購入を決めました。

echoの設定

 Amazon echo dotの導入は簡単でした。本体を電源に接続し、スマートフォンにAlexaをインストールし、WiFiとAmazonアカウントの設定をしておしまい。WiFi設定の手間があるのでどのみち「電源を入れるだけ」にならないこともあってKindleみたいにAmazonIDが入力済みで届いてもメリットは薄いのかもしれません。

Amazon echo の Kindle書籍読み上げ

 思ったよりスマートです。印象をまとめると、

  • 発声は割と自然。ボーカロイドのテキスト読み上げより滑らか。一太郎の詠太と同じくらいの滑らかさ。
  • 漢字の読みが文脈に合わないことがある。
  • 漢字の固有名詞の読みにルビが振られていてもルビは無視される。
  • ある程度の長さごとに読み上げが一時停止する。サーバの応答待ち?
  • 読み上げる書籍を音声コマンドから指定するのは困難。スマホアプリから指定する方が楽。
  • 所有しているはずの書籍が一覧に表示されないこともある。

 また書籍の朗読には向き不向きがあって

向く向かない
一文の短い文章一文の長い文章
読み方が一通りしかないような用字の文章漢語、難読漢字、専門用語
キャラクター少なめ複数キャラの会話シーン

という感じでAlexaの出来不出来に関わらず「朗読」という形式の問題や慣れがあるようです。ラジオ番組や朗読商品は素材の選択や読み上げスキルがかなり洗練されていることを改めて思い知らされます。

スマートスピーカーとして

 スマートホーム対応機器がないこともあってあまり役に立っていません。実用しているのは、

  • キッチンタイマー
  • ニュースや天気予報の読み上げ

くらいです。ラトックシステム スマート家電コントローラリモコンあたりを導入してスマートホーム化を試してみたい気はします。

|

艦これ 2018年冬イベント・捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)クリア

 艦これ第一期の最終イベントであるらしい『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』作戦をクリアしました。前回の(前篇)は扶桑姉妹が主役ということで意地で難易度・甲で挑みましたが今回は準備した資源も少なく丙での参加。

艦これ2018冬イベ

 最終海域E-7撃破のシーンです。イベ前に用意できた資源が各6万弱で難易度・丙でのクリア時点できれいに使い切っていました。

 続いて資源の回復を待ちながら細々と探した未着任艦娘(画像リスト中Lv1)はこんな感じで集まりました。

未所持艦

未所持艦

 今イベでドロップする艦娘分は全員集められた……かな?

|

Thunderbolt Fantasy 生死一剣

 映画を見てきました。『Thunderbolt Fantasy 生死一剣』です。

 TVシリーズの『Thunderbolt Fantasy 東離剣遊記とうりけんゆうき』がとても気に入っていたものの情報収集を怠っていて新作の劇場上映を知らずに東京での公開(2017年12月中)を見逃し、新年に入って上映を知って2018年1月のユナイテッド・シネマ浦和で見てきました。

Img_1018

 見てよかった。虚淵玄のシナリオもやっぱり痛快だし、人形も相変わらず美しいし、アクションもダイナミックだし、エフェクトも華々しい、演出もキレキレだしというのはTVシリーズと共通の感想です。今回はTVシリーズで執拗に凜雪鴉りんせつあの命を狙った殺無生せつむしょうの話。凜雪鴉が殺無生を用心棒に雇ったことをきっかけに物語が始まるのですが、時間軸的に後の話になるTVシリーズを見た視聴者としてはひたすら「殺無生〜、騙されてる、騙されてるから君は。逃げてー』と声援を送りたくなりました。観客全員の心の声はそれしかなかったんじゃないかって感じ。殺無生の純情に「うわあ><」となります。
 小さなネタ拾いですがTVシリーズで殺無生と顔を合わせた鋭眼穿楊えいがんせんようとか冷や汗ものだったんじゃないかと想像できる過去も明らかになりました。
 映画の前半は殺無生と凜雪鴉のお話でしたが、後半はやや短めでTVシリーズの後日譚でした。意外にもコミカルなテイストで進行し、人情噺でもありました。コミカル要素ではTVシリーズで華々しく散っていった敵役を容赦無く(視聴者的に)笑いを誘われる材料にしていて「やりやがったな虚淵め……」というしてやられた感。むしろ虚淵が掠風竊塵りょうふうせつじんに思えてきます。
 TVシリーズがお気に入りの身には「あのキャラはどうなったんだろう」という疑問に答えらしきものが示される一幕があるのも嬉しかったし製作中と伝えられているTVシリーズ第二期への導入らしきワンシーンもわくわくさせられたのでした。
 TVシリーズ未見の方はまずはそちらを見る機会があれば是非。

|