小説一覧

|

HP Pavilion Gaming Desktop TG01 に RTX4070

ビデオカード

2022年に購入したcore i7/9700 GeForce RTX2600superのPCもVRChat用途では何かと見劣りする気がしてきました。元々VR用途ではぎりぎりのスペックでした。

電源容量

 VR用に、と買った現PCは電源容量が500Wと少なめです。hp製のPCということで電源ユニットとマザーボードは独自コネクタ・規格であるようです。電源ユニットを大容量のものに交換することはできません。
 RTX2060superは消費電力175W。ビデオカードの交換でぎりぎり動作する可能性のあるのはRTX4060TiやRTX4070搭載製品。200Wの4070は高負荷時に電源容量不足を招きかねません。電源容量計算機なるwebページを試してみました。

20240122-113051

 hpの500W電源ユニットは80GOLD相当。効率80%――400Wを消費するシステムを賄えるはずです。RTX4070に換装しても364W。なんとかなりそうです。

独自部品

 懸念は電源容量だけではありません。hpやDellのような大手BTOパソコンの製品は規格外の専用設計部品で構成されています。うちのPavilion TG01の場合だと、

  • 筐体(専用マザーボードやビデオカードを前提にしている)
  • 電源ユニット(寸法・コネクタが独自)
  • マザーボード(ネジ位置、寸法、電源コネクタが独自)
  • ビデオカード(規格には適合するかもしれないがhp専用品)

 汎用品が使われているのはメモリやストレージのみ。ビデオカードはPCI-Expressスロットですが市販の自作PC用PCI-eビデオカードが動く規格であるなんてどこにも書いてありません。元々刺さっていたのはhp製PC専用に作らせてるビデオカードです。マザーボードのBIOS(ファーム)と一対一での動作検証しかしていないでしょう。
 でも、まあ、どこかの自作PC用OEMでメーカー名のプリントがhpに置き換わってるだけの気もします。チャレンジしてみよう。

大きさ比較

 大きさ的に収まる可能性のある二連ファンの製品をリストしてみました。

メーカー 型番 大きさ(mm)
Palit NED4070019K9-1047D 269.1x127.5x40.1
ASUS DUAAL-RTX4070-o12G 267.01x133.94x51.13
玄人志向 GALAKURO GAMING GG-RTX4070-E12GB/DF 238x115x45
MSI GeForce RTX4070 VENTUS 2X E 12G OC 242x125x43
ZOTAC ZOTAC GAMING GeForce RTX4070 Twin Edge OC ZT-D40700H-010M 225.5x123.2x40.1
GAINWARD GeForce RTX 4070 Ghost NED4070019K9-1047B 269.1x131.8x40.1
GIGABYTE GV-N4070EAGLE OC-12GD 261x126x50

 

MSI GeForce RTX4070 VENTUS 2X E 12G OC

 最安値競争の定番メーカーは避け、ツールで消費電力制限がかけられるMSI製品のVENTUS 2Xシリーズを選びました。値段も手頃でした。

実働

Gevncuma0aakgk

 結論から言えば動きました。
 でも、問題だらけでした。

  • ビデオカードのプラカバーの一部とマザボの電源コネクタがスロット挿入位置と干渉して刺さらない → プラカバーを部分切断して解決
  • ビデオカードの8pin電源が筐体側面(開閉面)に向いていてケーブルがわずかにつっかえる → 押し込んだ
  • ビデオカードの大きさが変わり補助支持ステーが使えない → 撤去。適当なゴム板を底面からつっかえ棒にした
  • ビデオカードのバックパネル部とPCI-Expressスロットのサイズが合わざすに刺さらない → バックパネルをペンチで曲げて合わせた
  • カード補助支持ステーは空気取入口の大雑把なフィルタの保持もしていた → 無くてもいいや……
  • ビデオカードの端と3.5inchHDDとの隙間は1cm程度(HDDを外さないとビデオカードの着け外しができない)

 筐体や拡張カードの寸法がいい加減であった90年代の自作PCのような作業となりました。

 あと、上の写真の右側の3.5inchHDD追加用マウンタですが、HDDをどっちに向けてもHDD側のネジ穴と位置が合いません。なんだこれ……。

VRChatへ行ってみた

 20fpsくらいだった製作中のworldが40fpsくらいにはなりました。VRビリヤードのworldはHMDの表示上限の90fpsに張り付きます。VirtualDesktopで利用できるencoderが変わったみたいでHMD内での画質もクリアでシャープになりました。2060superで遊んでた同じworldに行ってもGPUの温度があまり上がらずファンの騒音も小さいです。VRChat内のworld単体で「重くてしんどい」ところはほとんど無くなりました。また軽いworldでも人数が増えて重くなっていたのが重めのアバター20~30人くらいであれば快適な範囲となりました。
 CPUの世代が古いのにもかかわらずけっこうな性能向上が得られたので満足度はかなり高いです。一方で85000円ほどのコストを投じて得られたのが「重くて(fpsが低くて)つらい」が減るだけというのも微妙な気がします。VRChat自体の楽しさが特に向上するわけではありませんでした。

|

GOTHIC LOLITA MALION

ゴシック

 ドールの通販サイトのfavを見返していて思いました。
 「好みが偏ってる?」
 その偏った好みをVRChat用アバターの改変で顕現させよう!
 というわけで今回のアバター改変のテーマは「ゴシック」です。

 VRChatでは無性別球体関節人形・マリオンというアバターを主に使っています。デフォルトのセーラーはお気に入りですし、振袖も近代ヨーロッパのギムナジウム生徒風スーツもお気に入りです。最近だとVRビリヤード向けの正装・Aコードを着せたマリオンも良い感じに仕上がった気がします。

Malion for VR Billiard

吸血鬼

 fav一覧で多かったのが吸血鬼風の人形たちでした。金髪ではなく黒、あるいは濃い色の髪。白桃の肌。隈に近い濃い色のアイライン。赤い瞳。ロリータ寄りの細い顎に大きな瞳。ぽってりとした唇。いわゆる“ゴスロリ”風の黒ベースの衣装。牙が覗いているドールもけっこうありました。
 というわけでこの特徴をそのままカタチにしてしまいます。

  • 睫毛の増量 → blender作業
  • アイラインの輪郭線ポリゴン数増強 → blender作業
  • 顎を細く → blender作業
  • 目の周囲を赤/黒でメイク
  • 黒目の前面にコンタクトレンズのような形でグラスシェーダーを置いてハイライトに。
  • 血を啜った痕跡のような赤黒いリップ
  • 赤/グレーの瞳
  • ゴシック調衣装“Rose Gothic Dress”
  • ドレスの裾を多重にしてパニエ → blender作業
  • “コルセット/corset” ※blender作業必須。
  • “リボンパンプス”
  • “ふんわりドロワーズ”
  • 髪・ツーサイドアップ 曲線の輪郭部分のポリゴン数増加 → blender作業
  • 髪テクスチャ ※要blender作業
  • 脚部装飾・自作アクセサリ → blender作業
  • Todo 手・指アクセサリ
  • Todo 頭上アクセサリ

 こんな感じになりました。

Vrchat_20230423_002209150a

アイテム個別レビュー

Rose Gothic Dress

 レースの段重ねスカートの質感が素敵です。足の貫通対策がuppler_legの子にスカートの前後ボーンをぶらさげる、なので歩行アクションがやや派手になります。hipの子にして50%rotationコンストレイントで繋いでみたりと調整中。ボーンの親が天地180度回転させてある(dynamic bone時代の工夫らしい)ためにPhysBoneだと暴れてしまいます。blenderで修正。

corset

 登場当初私の周囲で少し話題になりましたが使っている人は見ませんでした。それもそのはず。ボーンが入っていないのでblenderで自前でweightを塗らなければいけません。また合わせる衣装もしっかりフィッティング・変形が要ります。造型・質感はとても良いです。normal mapもついていて非トゥーンのリアル調レンダリングも映えます。

リボンパンプス

 柄がソールまで入っていたのが気に入ったのと、足首の球体関節を見せられるメリージェーン・タイプということで選択。厚底改造もできれば、と思ったのですがSubstance Painter製らしくメッシュを変形させるような改造の余地はなさそうです。標準で可愛いのでヨシ。

髪テクスチャ

 Gumroadにてテクスチャだけ配布しているのを見つけてBoothで販売されていた髪のUVだけ展開し直しました。試行錯誤中ですがドールには非トゥーン的な表現も合いそうです。

キャラ設定

 一応設定らしきものもあります。

「吸血鬼を知っていて?
 ――いいえ、違うわ。血を吸われた者が増えるような倍々ゲームはお話の中だけ。わたくしたち吸血鬼Vampireが血を吸うのは一生に一度きり。なあに? お腹は空かないのかって? わたくしたちはいつもは植物のスピリッツを食むの。ウォッカやブランデーを好む同類もいるわ。香水の香りアルカロイドを好む者もいるわね。わたくしは花の香りがあれば十分。薔薇が好きだわ。
 一生に一度の血はいつ吸うのかですって? 野暮ね。そんなの命が尽きる時に決まっているでしょう。わたくしたちはただ一度血を啜って塵に還る。そういう存在」
 そして、血と引き換えに注ぎ込まれたスピリットが吸血鬼のスピリットを伝えるという。
「不老不死なんかじゃないわ。記憶も、人格も受け継がれない。ただ、吸血鬼であるという魂のカタチだけが連綿と続いていくの。とち狂ってお人形の血を求めた吸血鬼もいたみたいね」

|

pico4を買いました

questのヘッドストラップ

 三月中頃のある日、初代oculus questのヘッドストラップが切れました。旧モデルのquestはすでに市場にもmeta(oculus)公式サイトにも交換用フェイスパッドもヘッドストラップも見当たりません。サードパーティ製の製品もずいぶん前に姿を消しました。自家修理で乗り切ろうかとも思いましたが、愛用の初代questはすでに二世代ほど時代から遅れてしまいました。何より、毎日ログインしていたVRChatに二日入っていないだけでいてもたってもいられなくなりました。
 新しいHMDを買おう!
 と決めたのが金曜の昼。
 候補はinside out方式に絞りました。生活環境的にLightBoxを設置するのは難しく、愛用のharitoraXもinside out方式の補助向きです。選択肢はわずか。meta quest2はこれまで使っていたquestの後継機でスムーズな移行が予想できましたが、発売から二年半が過ぎています。vive XR Eliteはお値段高すぎで却下。pico4はこれから登場する新製品のトレンドも踏んでいます。パンケーキレンズ、前後重量配分の均等化された設計、見やすいパススルー、低価格。ネット上にはトラブル解決&使いこなし記事もそれなりにありなんとかなりそうだということで決心がつきました。

pico4購入

Img_2905

 というわけで金曜夜には買って帰ってきました。pico4。大手家電量販店で五万円弱。新しもの好きの猫と一緒に開梱です。

ファースト・インプレッション

 初期設定でe-mailアドレスやWiFi設定をしていて気づいたのが「酔いそう」であったこと。どうやら3D表示のない単なるディスプレイ状態の時はブレ対策機能が動かないようです。WiFiを設定し、ファームウェアのアップデートが終わって常用メニューが表示されたところで「酔いそう」感はなくなりました。
 初代questは有機EL+フレネルレンズでしたがこちらは液晶+パンケーキレンズ。輝度差の大きなものを表示したときに見えていたフレネルレンズの縞々が見えません。pico4の液晶はquestの有機ELに比べるとコントラストがやや低い印象で最大輝度も控えめです。眼の負担は低そう。アプリ起動前のメニューを見ただけの段階で文字が読みやすく解像度の高さがもたらすアドバンテージを感じました。比較対象が初代questなのでquest2やPC用HMD専門メーカーの製品を使っている人には感動はないかも。あと、鼻の近くに遮光用の部品が付けられて、東洋人の平たい顔でも光漏れがなくなり見やすくなりました。眼鏡向けのスペーサー・オプションも入ってました。
 そして装着感!
 圧倒的に初代questより良いです。前後の重量バランスが良いせいか締め付けるように装着しなくても安定するので顔が痛くない。pico4で一番魅力的だと思ったのはこの装着感でした。これは家電量販店に展示機があればquest2と比較できるので、ぜひ試して欲しいです。VRで大切なのはHMD装着が不快でない、というとっても素朴な条件だったりします。ここにフォーカスしたpico4は長く実用に耐える気がします。
 コントローラに最初から入ってる電池はいわゆる「動作確認用」のようです。けっこう早く(二日ほどの使用で) 電池切れを起こしますがeneloopに入れ替えてみたところ倍以上持ちました。片側につき単三×2です。

アプリ

 初期状態では「ファイラー」や「youtube」や各種動画配信サービスのアプリ?リンク?が用意されていました。ファイラーはメディア各種のビューワも内蔵していて画像や動画類は一通り再生できるようです。SMB経由のLAN共有データもOK。youtubeで高画質動画を再生してみると、表示が高精細でしゃっきり。音質は初代quest比では低音が割と出ていてパンチがあり、高音がよく分離して聞こえるのでホームシアターっぽいです。没入して視聴するのに良い環境。耳の近くにスピーカーがある仕組なので音は周りにそこそこ聞こえます。寝ている人の近くでの使用はやめておいた方が良さそう。
 picoストアを覗いてみると『オノゴロ物語』や『ALTDEUS』『東京クロノス』といった有名タイトルがありました。meta quest2で評判の良かった『BIOHAZARD 4』のVR版はなさそうです。questでも馴染みの3Dスケッチツール『Gravity Sketch』もありました。VRChatのquest版(名前は変わるだろうけど)も来るといいのに。
 ゲームばかりでなく仮想オフィスの『Immersed』というのもあります。これはPC上での作業をそのままVRに持ってくる+協業者と連絡を取り合えるツールといった感じなのですが……pico4の表示性能でようやく実用範囲のVirtualオフィスに。Virtual Desktopより文字がくっきり見える気がします。リアルのキーボードの位置だけでもわかるともう少し使いやすくなりそう。とはいえ文字の読み書きはVR環境よりもリアルの平面モニタの方がずっと快適です。

電源

 pico4はPCとの接続でWiFi6があれば有線は要りません。けれど消費電力もそこそこあります。バッテリー駆動では二時間くらいしか遊べなさそう。PCとUSB接続をすれば一応電力は供給されるのですが、PC端子の電力供給機能は頼りなく、うちのゲーミングPCの端子からではpico4の消費電力をまかないきれません。けっきょくWiFi接続&ACアダプターによる有線電力供給という形で利用しています。

pico video

 picoのプラットホームでは推しているらしい動画配信サービス。にじさんじがpico向けに限定配信をしていたりします。集中したい映画ならともかくバラエティ的な動画にHMDを被るのはちょっと面倒です。3D動画も(youtubeもですが)解像度が低過ぎて見映えしません。3Dの、ポリゴンの状態で配信されるコンテンツが見たい!

Virtual Desktop

 pico4ではメーカーがPC接続用のツール・Streaming Assistantも提供しているのですが、2023年3月時点で問題が多いです。

  • 立体音響がおかしくなることがある
  • PC側のStreaming Assistantサーバー自体がコケる
  • SteamVRのOVRがうまく機能しない
  • PCVRでコントローラの認識がおかしくなることがある

 いずれも導入から二日の間に複数回起きています。当初これらの問題は原因がわからなかったのですが、Virtual Desktopを導入してStreaming Assistantの使用をやめたらすべて解決してしまいました。実用に耐えないというほどStreaming Assistantが酷いということはないのですが、比較するとVirtual Desktopの洗練度が目立ちます。というわけでpico4、PCVR目当てで導入する方はVirtual Desktopも導入を強く推奨します。

初代quest比で良くなった/悪くなった点リスト

  • 前後重量バランスが取れていて装着感は比較にならないくらい良くなった。quest2よりも快適。
  • 解像度が上がってVR世界が格段にはっきり見える。
  • パススルーがカラーで高精細。初代questやquest2と比較にならないくらい実用的。
  • WiFi6対応。WiFi経由のPCVRでもまったく不足がない。初代questはWiFi5世代。
  • 画面の真っ黒と真っ白のコントラストがやや落ちて「目映い体験」がなくなった(初代questは有機EL)。光に溢れていた光景が単に明るい光景になった。暗闇がややグレーを感じる黒になった。
  • ネットレビューではスピーカー、マイク両方の音質に否定的なものを見かけるが、初代quest比ではかなり良い。PCVR時にマイクの音質が悪いのはStreaming Assistantのせい。単独使用やVirtual Desktopでは問題を感じない。マイクは音質はともかく特性は差があるようでHMDを変えたことを伝えていない友人に「マイク変えた?」と訊かれた。
  • 再生音の低音が豊か。
  • VRChatしかたぶん遊ばないけどストアがやや寂しい。quest環境でのApp Lab相当のインディーズ・タイトルの配信はなさそう。→android用のAPKファイルを突っ込むとたいていのものが動いてしまうようです。
  • 鼻とHMDの隙間が減り、追加の遮光ゴム部品で密閉度が上がり、外の明かりが気にならなくなると同時に曇り(結露し)やすくなった。(冷間時の使い始めだけ。ファンでの換気が始まると曇りは晴れる)
  • 眼の疲労感はあまり改善されなかった。
  • 解像度は上がったがPCVRでのグラフィック描画の要求性能は大差ないみたい。

VRビリヤード

 私のVR利用はほぼVRChatのみです。VRChatで一番時間を使っているのがVRビリヤード。初代questからpico4に更新しての変化は以下の通り。

  • 解像度が上がりガイドラインがよりはっきり見えるようになった。
  • ガイドラインなしで遊んでも狙いやすくなった。
  • 装着感が大幅に改善されて長時間快適に遊べるようになり、三時間くらい続くVRビリヤード大会でもHMD装着が苦にならない。
  • コントローラのトラッキングは初代questより安定する。認識範囲も広いようでキューを大きく引いてもトラッキングが外れない。

フィットネス

 pico4はフィットネス向けの機能を重視しているようで標準メニューにFitness機能(HMDを付けた状態での活動量計)が用意されています。購入・ユーザ登録時に提供される特典ゲームもフィットネス要素の強いものです。オプションで足につけると思われる運動量計も予定されているようです。

pico4版VRChat

 2023年11月、pico4にもVRChatのアプリが登場しました。quest版相当のものです。
 登場当初は表示が多少乱れていたりしましたが12月には不具合らしい不具合もなくなったようです。そしてこのオール・イン・ワンVR環境用のVRChat、かなり優秀なことがわかりました。

  • 初代questはスペックがぎりぎりでquest向けworldであっても表示はとても軽快とは言えなかったがquest2とほぼ同スペックのpico4では快適。
  • quest向けworldだけしか訪れることができないのは変わらず。
  • 表示は初代quest比でははっきりと高精細になって見映えが大幅に良くなった。

|

«小説創作のためのpomera DM250レビュー 2.対応正規表現一覧