« トラックボールELECOM HUGE M-HT1DRBK購入 | トップページ | WiFi6ルーター導入 »

VRchatで球体関節人形アバター・NoilDoll Malionをお迎え

Avatar Museum

 

 10月、VRChatにて『Avatar Museum』というイベントがありました。VRChatで使用可能なAvatarの展示会です。見てきました。

Vrchat_1920x1080_20201003_135632082

 そして、一目惚れしてしまいました。
 元々球体関節人形は大好きです。文楽の周辺的な小説も書いていたりします。『Thunderbolt Fantasy』にも嵌まりました。VRChatには足りない成分があると思ってました。リアルドール指向のアバターです。特にお耽美な感じの。それが、目の前に現れました。NoilDollさんのMalionです。
 当然、即、購入です。

20201021-162550

 Vket4だったでしょうか、一つ前のアバター展示イベントでもMalionは展示されていましたはずですが製作中だった気がします。

お気に入り

 Boothで購入したMalionはunityにパッケージを投入するだけで使えました。そして、どうせなら凝った写真(スクショ)の撮れるツールも導入しようと同じくBoothでVirtualLens2を購入。画角や被写界深度、露出の調整のできるツールです。ただしこのツール、マテリアル数が増えてしまってアバターランクががくっと重くなります。うーん。自撮り用のアバターを分けておけば問題ないかな。
 というわけでMalionくんとのVRChat自撮りライフが始まりました。こういう綺麗な子を思う存分撮りたかったのです。幸せ……。

Vrchat_1920x1080_20201006_122422023
Vrchat_1920x1080_20201008_155126017
Vrchat_1920x1080_20201005_174446681
Vrchat_1920x1080_20201019_172201352

 撮っているうちに足のポーズや姿勢にも表情を付けたくなってきました。Quest向きの手軽なフルボディトラッキング装置、登場しないかな。

|

« トラックボールELECOM HUGE M-HT1DRBK購入 | トップページ | WiFi6ルーター導入 »